読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去も今も未来も…

…大好き! 浅く狭くになってしまう語彙力のないファン。Sexy Zone,V6,ハロプロ

(1)普通の高校生の私がV6と恋(ファンになった)

全然普通の高校生なんかじゃなかった

おはようございます。バヤリースです。

始めたばかりのブログで、ブログを始めたきっかけも、ラブセンのことも書いたけれど次に何を書こうか悩んでいた。 そうしたら急にお風呂の中で、V6ファンとしてはてなブログで生きるならば「何故、V6を好きになったのか」のテーマは必要不可欠だよな?と思いついた。閃き大事。

バヤリースは2016年に入ってからV6のファンに仲間入りさせて頂いた新規ファンだ。そんな2016年からファンになるポイントがあったか?とお思いの皆さん、あるんだよ〜。ということで書いてみる!でも参考になるかは知らない!自己満足!自己主張の強いやつ!気にすんな!(大声)と保険を最大限にかけておきます。ただのいち新規ヲタの来歴!

そしてタイトルを面白くしようと必死でほとんどない脳みそで考えた結果、自らラブセンショックの心の傷をえぐる行為に出て、タイトル直後に矛盾した。

このような程度の語彙力のブログで〜す!許してにゃん…

しかも予想以上に長かった…文を削るのもうまくできないので2回に分けた。(2)の更新したよ

↑おすすめはできないけれど前回の記事

どのような高校生だったのか

当たり前のことを言うと、V6はジャニーズ事務所所属のアイドル。ここで言う「普通の高校生」をジャニーズヲタク(以下:ジャニヲタ)でも女性アイドルヲタクでもない高校生だとするとわたしは異常な高校生になってしまう。つまり、ジャニーズも女性アイドル(ハロー!プロジェクトばかり)も、もとから好き!V6がわたしの応援する初アイドル初ジャニーズではないけれど、アイドルやジャニーズが好きだと言ってもわたしは狭い。

例えば、アイドルが好きだと言っている人が3人いるとして、A,B,Cで分ける。

  • Aさん 「私が好きなアイドルは〇〇というグループで、特に好きなのは△ちゃん!他のアイドルは全然分からないな〜。勉強しないといけないね(する気0)

  • Bさん「私が好きなアイドルは□グループの〇ちゃんと△ちゃん、★グループ(全く違う系列グループ)の♡ちゃん、♪グループ(またまた全然関係ない)の…(のエンドレス)でもアイドル全員大好き!

  • Cさん 「〇〇事務所のここの系列なら全員好き。

このようなタイプでない人達がたくさんいるのは知っているが、雑に分けた。

Aさんは掛け持ちのない、推し増し予定のない一途なヲタク。Bさんは事務所等関係ないDD(誰でも大好き)ヲタク。Cさんは偏ってはいるけれど好きな人数やグループ自体は多いヲタク。

女性アイドルヲタ的にはわたしはハロプロしか応援していないのでCさんタイプ。おすすめの女性アイドル教えてね!

ジャニヲタ的にだとCさんはジャニーズ全体を好きということでそうとは言い切れないし、Aさんのように1つだけタイプでもなかった。Bさんはジャニーズ以外の他の事務所の男性アイドルも好きということで。おすすめ男性アイドル教えてね!

中学生のときにハロプロを好きになってSexy Zoneがデビューして好きになって、ジャニーズJr.の西畑大吾くんも茶の間で応援…。高校生になってもその好きな気持ちは続いているけれど、そこから世界を広げようとはなかなかしなかった。

実は他の女性アイドルや男性読者モデルのライブも観たことがある。このような世界があるなんて面白いな〜と思ったけれどそこから熱心に追いかけはしなかった。

だから特にジャニーズ全部を知っている!新曲も網羅している!ライブも行く!というタイプでは全然なく、他グループのファンと話すときはSexy Zone目当てで録画したときに共演していたときの情報でばかり話していたよすまんな。まあ、そういう全部網羅している人のほうが多いのか少ないのかは分からないけれど(笑)。

あれ、果たしてA,B,Cで分ける意味はあったのか。

......................

じわじわとV6の波がやってくる

はっきり言ってSexy Zone以外あまり興味のなかった2011年。なのに今思えばここらへんから波はジェットコースターで押し寄せた(KinKi Kidsだよそれ)。ジェットコースターなんてはやいものではなかったけれど。

時は2011年に遡る。Sexy Zone がデビューしたばかりで初めてのFNS歌謡祭。 Sexy Zoneの持ち歌はファーストシングル「Sexy Zone」に収録されている4曲のみで、もちろん歌うのは「Sexy Zone」ばかり。それでもデビューのときのキラキラ薔薇帝国王子を見逃したくなくて観ていた。こんなに大勢の歌手の皆さまが見ているのかすごい…頑張って…という親目線になりながら「時代を創ろう Sexy Zone」を見守った。その直後。

(●●)Sexy!

えっwwwwまさかのSexy繋がりwwwww わたしはセクバニをファンになる前から知っていたのだけれど、ここで知ったのかどうかは思い出せない。でもこのSexy繋がりには驚いて笑ったし2011年はセクシーな年だったのかな〜とぼんやりしていた。

このときの感想

なんか超大人きた

Sexy Zoneはよく「皆が子ども過ぎて全然セクシーじゃねえし、グループ名も曲名も下ネタだし、」みたいなこと言われていた気がするのね。逆にマリウス葉松島聡佐藤勝利とかの小中学生がセクシーなほうが怖いんだけれど!まあそれは今はいいや。 「Sexy Zone」という曲は歌詞にはSexyと入っているけれどSexyな色気目的の曲ではないと思っていて、キラキラなフレッシュ王子が爽やかに披露している印象が強い。

でもV6はなんだろう、V6が「Sexy」と言えば本っ当にセクシー。みたいな。歌詞やメロディが面白いなとはすぐに感じた。「One nightのつもりがハマる」なんて大人すぎてもう…! 「オーエオエオ」とか「Go!」を何度も言っているところは当時は面白いとしか思えなくて、まことにごめんなさいなんだけれど本人のダンスや歌のかっこよさはすごいとは子どもながらに思ったよわたし。

今までもV6は知っていて、これはV6の曲だよねって分かっているのもあったのに不思議なことに完全にV6の新曲がこれだ!という風に意識して聴いたのはこのときが初めてだった。そして、V6全員のフルネームを言えなかった。2016年のわたしからすると「なんでだよ!?」って感じだよまったく。分かるメンバーもいたけれど分からない人も多かった、この話は今度。

Sexy Zone(初回限定盤A)(DVD付)

Sexy Zone(初回限定盤A)(DVD付)

Sexy Zone(初回限定盤C DVD付)

Sexy Zone(初回限定盤C DVD付)

因みにわたしのおすすめは初回Cです

Sexy.Honey.Bunny!/タカラノイシ(ジャケットC)

Sexy.Honey.Bunny!/タカラノイシ(ジャケットC)

まだCDをゲットできていなくて寂しい

  • バリバリBUDDY! 音楽の日

    2012年かな。これは偶然家でつけていたら始まった気がする。もうさ、「Hurry up!」の時点で面白すぎて笑った。バリバリバリバリ言ってるのもダンスが筋トレっぽい(?)のも「ガッツー!」とか入ってるのもナニコレ状態。世間では「V6どうした」と言われていたみたいだけれど、わたしは「これがV6なのかな」って妙に納得していた。 あのはっきり言うけれど、ダサくない?若い子が歌いそうな曲じゃない?って一瞬思った。ほんっと謝る。でもただのそれじゃなく、ダサかっこいいのほうだった。結局ダサいのか!って思うかもしれないけれど違う!わたし、ダサかっこいいのは大好物です!ぶっちゃけ、ただのダサいだったら自分の中でイメージが下がる。これはそうではない。

感想

頭から離れない

この音楽の日の放送のあとはテレビCMでしか聴いてないと思うけれど2016年にファンになるまでずっと覚えていた。 しかも、曲が短いからフルバージョン披露もあったんじゃないか?そりゃ〜離れませんよ。先ほど、この記事を書くために「バリバリBUDDY!」を聴いたらずっと脳内で再生されているもの。

バリバリBUDDY!

バリバリBUDDY!

  • 君君 Mステ

    これはモーニング娘。目当てで観ました。「もう、お前そんなんばっかりな!!!」…ごめんなさい、でも本当にイノッチに感謝してる! このとき、モーニング娘。はOG一緒でないミュージックステーションの出演が6年ぶりだった。今の娘。で「Mステに出てほしい」とファンは思っていたからリクエストもいっぱい送ったし、娘。自身も「Mステに出たい、紅白に出たい」という想いが強かった。だから出演が決まったときにとても嬉しかったのだが、同時に不安にもなった。Mステは今ある音楽番組の中で頂点だと思うのでそこでパフォーマンスを失敗したりトークが…という状態になったりしたら、ファン以外にどう思われてしまうのかと。 実際に放送が始まるとモーニング娘。今回の衣装かなりかわいい!みんなかわいい!曲も楽しみ!」とかなり盲目でほかのアーティストをあまり気にしていなかった…。だから、当時のMステの録画を観ると、V6のところ全消しなんだよね。ほとんどの番組が残っていない。あーあバカ。

結局トークの面では道重さゆみリーダーがあまりにも有名な(?)「私かわいい♡」ネタを出して笑えたし、パフォーマンス披露したときには皆可愛かったしダンスも良かったけれどエース鞘師里保さんの声がかなり調子が悪くて、本当に心配になった。

しかし、そのあと事件は起きる。

感想

イノッチありがとう

Mステもエンディング。娘。に話を振られた。そのときに道重さゆみリーダーは「今、この10人で出られたってことが嬉しくて皆興奮状態です!」と発言し、感動した。でもそのあとのイノッチ!何を言ったかって…「この6人で出られて嬉しいです!」→娘。「(°∀°)」!!!涙出そうだったわ。イノッチだけでなく、他のメンバーもニコニコしていて…V6の好感度上がりに上がったわよね。ハロヲタも娘。も救われた。井ノ原快彦さんはわりと他の出演者への言動で感謝される回数が多いのだと調べていくうちに分かったが、せっかくV6に話を振られてV6だけが映るチャンスなのにいいのかななんて思っていた。きっとそれでもいいのだろう。周りと観ている人が楽しかったら。 肝心の曲はやたら長いタイトルでバラードで〇スペラーズみたいだな〜くらいしか思わずごめんなさい。 しかし、これを機にV6目当てで観たリア友がハロヲタになった。嬉しすぎかよ。

両A面!

君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか

君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか

タイトルの長さね。でもV6の能力の高さが分かる。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 語りすぎ長すぎ

こうやって見るとどんだけじわじわなのって呆れてきた。一つの記事で終える予定だったのだけれど、分ける!もうV6をセクバニで大好きになっていれば「セクバニでファンになった」で終わったんだよ〜!!!!!

そして、この頃のわたし…V6に対して失礼すぎるから〜!次回もまだ失礼な文あると思うのですが、それが見ていられない人はバイバイありがとうさようなら(つんくさん〜!)

…(2)へつづく